コンチネンタルGT 革シートのリペア

神戸市で車の内装補修を行なうi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

はやくも4月も半ばまで来てしまいました。なんとブログも更新せずに今月ここまで来てしまいました笑笑

トップページはこちら   どのような素材が直せるのか?説明ページはこちら

さて、今日はベントレーの革シートリペアのご依頼。

なぜか革の色がおかしいのよ見てちょうだい、とのことでやってきたこのお車。多分コンチネンタルGTだと思うのですが、ベントレーは詳しくないのでよく分かりません笑笑

しかし新車価格でちょっとした家が一軒建ちます笑笑ヒェ〜
ベントレー コンチネンタルGT?
ベントレー コンチネンタルGT?
患部はこんな感じ。

パッと見は汚れた革シート?みたいに見えますが…
施工前
施工前
深いシワの部分は剥がれています。

剥がれた下の革の色と全然違う〜
施工前
施工前
テカリや汚れ、ではなく色の違う塗料を塗装した跡
施工前
施工前
マスキングしていたので革の切れ目で色が違っています。
施工前
施工前
塗ってる色が暗い上にミストがまだらに飛んで点々と残って見えます。おまけにシワの部分の処理もしておらずなので、シワの谷間から剥離してきています。

古い塗装を剥がしてみると、もう一枚古い塗装の膜が。何度か補修しているようです。

その都度きちんと処理すれば良いのですが、ただ古い塗装の上に塗っただけ、みたいな処理の仕方。純色の塗装の場合は下地処理して下色入れないと処理した跡が残りますし綺麗な色が出せないものです。

傷が隠れるまで色を塗り重ねると濃く暗くなって色は絶対に合わなくなります。

おそらくそんな感じの施工をされていたのでしょう。

それにしても塗った淵をうまいことぼかして馴染ませればここまでキワが目立つこともないだろうに、なんでこんな仕上げにしたんでしょうね?

引き受けたからにはちゃんと仕上げてあげないと車が車だけにもったいないです。



で、なんとか頑張って色を合わせました。無事仕上がりましたよ。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
キレイにパリッと仕上がりました。

細かいところまで完璧にできないくらいあっちこっち不具合と劣化、見られる状態に持っていくのに結構苦労しました。

でも頑張った甲斐あってお客様には大変喜んでいただきました。

お役に立ててよかったです。





ベントレー コンチネンタルGT 革シートのリペア はない i-worksまで!





真心を込めて、最善を尽くして作業させていただきます。




★  i-worksは、TS日本(トータルリペア)から技術供与を受けて、車の内装のいろいろ補修を行なっております。たとえば…


モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくする施工です。ファブリック素材、柄入りなど一部のシートは補修痕が残ります。

革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを、専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通り」復元します。

内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通り」修復できます。

ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。                       

樹脂バンパー」は外装ですが施工が可能です。板金屋さんやディーラーではまず修復ができないため交換を提案されますが、交換はモノによっては高価になります。しかしリペアだと安価にて修復が可能になります。                                   

ヘッドライトリペア」はスチーマー仕上げでの施工を行なっております。具体的な施工金額はお気軽にお問い合わせください。               

ソファやカバン、靴などの本革・合皮製品のリペア」も行なっております。車に比べるとさまざまな事例がありますので事前に見積もり依頼ください。          

いずれの補修も交換ではないので、取り寄せのための待ち期間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。         

また交換ではないため、そこだけがきれいすぎて「変えた感」が出る、ということはありません。現物との色合わせをしますので、自然な仕上がりになります。         

あくまでも補修のため、新品と同じにはなりませんがご理解ください。         

一般的な補修の場合は、新品交換より格安の費用で施工できます。