アウディTT 革シートのリペア

神戸市で車の内装補修を行なうi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

今日はいつもご依頼いただく中古車屋さんからの紹介で、別の業者さんからご依頼いただきました。いつも初めて施工させていただく時は変な汗かきながらの作業となります。

ご依頼頂いたお車は アウディ TT。
アウディTT
アウディTT
さほど内装にヘタリは見られませんが、こういうスポーツタイプの車はバケットタイプになっていて、ホールド力を高めるためにサイドが高くなっているため、乗り降りの際にスレやすい形状です。
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
油分が付着した上に埃が絡んで黒ずんで汚れます。洗剤にてクリーニングするとスッキリします。



その後の色艶に合わせて仕上げます。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
色合いはかなり変わったように映っていますが、クリーニングによって元々の明るい赤に戻りました。

でも実際に塗装したのは剥がれていた箇所とその周囲のみ。塗装/未塗装部分の差は全くありません。

赤を塗る時は下色を入れないと補修箇所が隠れないので手間と工夫が余分に必要でしたが、非常にいい感じに仕上がりました。

「お!いい感じにできてますやーん!」

と、大変喜んでいただきました。はじめての施工後のお引き渡しはホンマに緊張します。

でも喜んでいただき、良かったです。





i-works では、アウディTT の革シートのリペア を含め、様々な補修を行なっております。「これは直せるものなの?」気になるものがありましたらぜひお気軽にお問い合わせください。





真心を込めて、最善を尽くして作業させていただきます。





★  i-worksは、TS日本(トータルリペア)から技術供与を受けて、車の内装のいろいろ補修を行なっております。たとえば…


モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくする施工です。ファブリックシートなど一部のシートは補修痕が残ります。

革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを、専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通り」復元します。

内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通り」修復できます。

ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。                                                      

樹脂バンパー」は外装ですが施工が可能です。板金屋さんやディーラーではまず修復ができないため交換を提案されますが、交換はモノによっては高価になります。しかしリペアだと安価にて修復が可能になります。    

ヘッドライトリペア」はスチーマー仕上げとコーティング仕上げ、いずれかの工法を選んでいただけます。工法、保管環境により品質保持期間は異なります。施工金額も劣化状況や工法、車種により異なります。詳しくは詳細ページをご確認ください。具体的な施工金額はお気軽にお問い合わせください。

いずれの補修も交換ではないので、取り寄せのための待ち期間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。                  

また交換ではないため、そこだけが新しい「変えた感」が出ません。現物との色合わせをしますので、自然な仕上がりになります。                  

あくまでも補修のため、新品と同じにはなりませんがご理解ください。                  

一般的な補修の場合は、新品交換より格安の費用で施工できます。