アルテッツァ ダッシュボードのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

だんだんと暑くなってきました。つい暑くないので水分補給を怠ってしまいがちですが、みなさん気を付けてくださいね〜

さて、施工のご紹介です。

トヨタ アルテッツァ のダッシュボードのベタベタをリペアします。
アルテッツァ
アルテッツァ
この車のベタベタは必ずと言っていいほど発生します。

先日「無水エタノールで綺麗になりますか?」との問い合わせを別の方からいただきましたが、ベタベタの塗料を除去するだけでは問題の解決にはなりませんし、そもそも無水エタノールでの除去作業はなかなか大変と思います。当店では車の内装専用のクリーニングプロダクトで作業しますので早くキレイな仕上がりが可能になります。

最後はプラスチック部分は塗装によって保護してあげないと見栄えも悪くなりますし、素材の維持もできなくなります。そのままでは服などに劣化した塗料がついてしまってクリーニングに出しても取れなくなったりしますので、こういう事例になってしまったらぜひ当店までお問い合わせください。

さて、施工前の状態の確認です。
施工前
施工前
ダッシュボード全域〜シフトノブ周辺までの全パーツがベタついていました。
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
今回は結構劣化具合がひどかったので、しっかり劣化した塗料を除去して下地処理をした上で塗装して仕上げました。

仕上がりはこんな感じです。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
非常にスッキリ仕上がりました。触ってもベタベタすることはもうありません。

「綺麗になったね〜」

大変喜んでくださいました。お役に立てて良かったです。




アルテッツァ ダッシュボード のベタつきリペアはi-worksまで!




★  i-worksは、TS日本(トータルリペア)から技術供与を受けてさまざまなものの補修を行なっております。たとえば…


モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。                               

「樹脂バンパー」の場合のみ外装ですが施工が可能です。板金屋さんやディーラーではまず修復ができないため交換を提案されますが、交換はモノによっては高価になります。しかしリペアだと安価にて修復が可能になります。


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。