ベンツV 内張り ベタベタのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

正月と連休などで社会が止まっておりましたが(笑)そろそろどこの車屋さんも動き始めてるようです。

家族はみんなインフルやら風邪で倒れてますが、私は倒れるわけにはいかないので、しっかり対策して頑張りますよっp(^_^)q

みなさんも手洗いうがいして下さいね〜

今日ご紹介するのはベンツVの内装がベタベタなのでなんとかしてくれとのご依頼。ホームページをご覧頂いた一般の方からの問い合わせ。ありがとうございます。
ベンツV
ベンツV
内張りの全部が塗装の劣化により、ベタついてシボ模様も消えてる部分があります。

患部はこんな感じ。
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
あっちこっちベタベタ。触ると指の跡が至る所に。また、ベタベタに埃まで付着して大変なことになっていました。

触ると黒い塗料もベッタリと。服につかないようにビニール袋でカバーされてました(笑)



劣化した塗料を全て除去して下地を処理した後に塗装。シボが消えてる箇所は復元して完成です。

だいたいベタつきのリペアは大変なことが多いのですが、今回はとにかく今までで一番大変な作業でした。

仕上がりはこんな感じ。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
あまりにも範囲が広くて2回ほど手直ししましたが、最終的にはご満足いただけたので良かったです。

無事、完成です。

お役に立てて良かったです。





お問い合わせはこのページ下部にあるメール、iMessage 、LINE、電話でお気軽にどうぞ。画像を添付いただけるとより見積もりがしやすくなります。別のページにお問い合わせフォームもありますので画像添付が難しい方はチェックボックスに印をつけていただくだけで問い合わせが可能です。                                                          




★インテリアリペアとは… 


モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。             

「樹脂バンパー」の場合のみ外装ですが施工が可能です。板金屋さんやディーラーではまず修復ができないので交換を提案されますが、交換だとパーツによっては高価になります。しかしリペアだと半額以下にて修復が可能になります。


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。