エルグランド 革シートのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

寒すぎて外にいると体が冷え切ってしまいますね。体調管理しっかりして寒い季節を乗り切りましょうね〜

さて、施工のご紹介です。今回はエルグランドの革シートのリペア。
エルグランド
エルグランド
かなり汚れが堆積しております。クリーニングをしてからでないとリペアができませんので、徹底クリーニングから。
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
どうしてヘッドレストが色違い?
その理由はモニター付きヘッドレストを後付けしていたものだったようで。
施工前
施工前
今回のエルグランドは傷、汚れ、ヘタリ具合ともに結構ひどい部類です。

助手席にも引っかき傷が。

手間はかかりますが全くわからなくなりますので消してしまいましょう。
施工前
施工前
施工前
施工前
クリーニング途中の画像。手前は汚れがなくなって本来の色が出ています。かなり車内の印象が明るくなりそうですね。
クリーニング中
クリーニング中
クリーニング後
クリーニング後
クリーニング後
クリーニング後
クリーニング後に出てきた本来の色を元に調色して塗装したら完成です。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
キレイになればまだまだ乗れる車になりました。

距離は走っていても故障さえなければ十分商品価値はあると思います。

今回も確認いただき、OKいただきました。お役に立てて良かったです。




★インテリアリペアとは… 


モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。                                                                                                                                                                                                                                                                 

「樹脂バンパー」も施工が可能です。板金屋さんやディーラーではまず修復ができないので交換を提案されますが、交換だとパーツによっては高価になります。しかしリペアだと半額以下にて修復が可能になります。                    

「オープンカーの幌」の色褪せを復元も出来ます。交換の場合は高額な費用がかかり、日数もかかります。しかしリペアだと半額以下にて修復が可能になります。


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。