エルグランド コンビシートのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

今日はコラボしているクルマ屋さんのお手伝いなどしておりました。が、ブログのネタは溜まりに溜まっていますので更新していきたいと思います!

今日ご紹介するのは、日産 エルグランド E51 の座席の革の部分のリペア。
エルグランド
エルグランド
この車はまだ劣化は少ない方です。でも乗り降りでよく擦れる箇所は座面部分は塗装が剥がれてしまっています。
施工前
施工前
施工前
施工前
おっと、側面は合皮素材ですが、定番のひび割れが見つかりました。一緒に直しておきます。
施工前
施工前
後部2列目も結構汚れていますねぇ。けど今回は運転席のみの施工です。
2列目 未施工
2列目 未施工
運転席施工後、2列目の未施工との比較。

ツヤなしで明るい色合いの施工後とテカリが出て薄汚れた未施工のもの。

新品の車の内装は大概ツヤのない状態なんです。
クリーニング前後の比較
クリーニング前後の比較
剥がれていた塗装も復元できました。
施工後
施工後
運転席 施工後
運転席 施工後
運転席 施工後
運転席 施工後
側面の切れも分からなくなりましたよ。
施工後
施工後
確認いただき、無事施工完了です。

今回もお役に立てて良かったです。

エルグランドが続いておりますが、実はまだ残っています。お楽しみに^ ^




★インテリアリペアとは… 


モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。                                                                                                   

「樹脂バンパー」も施工が可能です。板金屋さんやディーラーではまず修復ができないので交換を提案されますが、交換だとパーツによっては高価になります。しかしリペアだと半額以下にて修復が可能になります。            

「オープンカーの幌」の色褪せを復元も出来ます。交換の場合は高額な費用がかかり、日数もかかります。しかしリペアだと半額以下にて修復が可能になります。


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。