カローラフィールダー 合皮シート破れのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

今日はあまりにも劇寒で作業する気にはなりませんでした(笑)

でも施工の紹介です(^^)

カローラフィールダーの「座席がちょっと大変なことになっている」との連絡が。いつもご依頼いただく輸出業者さん。いつもありがとうございます。
カローラフィールダー
カローラフィールダー
車内はこんな感じ。最近のカローラはカローラって感じじゃないですね。
カローラフィールダー インパネ
カローラフィールダー インパネ
患部はこちら。

いつになくひどい患部でした。
施工前
施工前
こんなんでも治るんですか?

そりゃ直しますよ!

もちろんかなりの劣化なので仕上がりのクオリティは下がってしまいますが、張り替えや交換の費用を思えばかなり安く上がります。
施工前
施工前
側面もよく見ると切れが多数発生。

この画像では見えませんが…
施工前
施工前
こんな感じ。

押さえつけたり引っ張ると切れがさらに進んでしまいます。

作業中にも劣化が進んであまり手を入れられない感じでしたので、仕上がりは全くダメダメでした。
施工前
施工前
それでも破れているままで納車するよりは遥かにマシです。

合皮のシートは施工した跡がかなり残りやすいものなので大変です。しかもここまで劣化していると施工中にもどんどん素材の劣化が進んでいくので厄介です。
施工後
施工後
側面も少しはシワが目立たなくなったでしょうか?
施工後
施工後
施工後
施工後
ぱっと見はあんなに破れていたとは思えないくらいにはなったと思います。

「おぉ〜  直ったねぇ」

「十分ですよ、ありがとう」

喜んでいただけて良かったです。多少は再発防止のために厚みを持たせてあるので、他の部分よりは固く感じるかもしれませんが、しっかり仕上げたのですぐに破れることはないと思います。安心して乗り降りできるでしょう。

お役に立てて良かったです。




★インテリアリペアとは… 


モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。                                                                                    

「樹脂バンパー」も施工が可能です。板金屋さんやディーラーではまず修復ができないので交換を提案されますが、交換だとパーツによっては高価になります。しかしリペアだと半額以下にて修復が可能になります。          

「オープンカーの幌」の色褪せを復元も出来ます。交換の場合は高額な費用がかかり、日数もかかります。しかしリペアだと半額以下にて修復が可能になります。


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。