エルグランド 革シートのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

今日も寒い1日でしたね。年末までまだあともう少し。体調を崩さないように気を付けないとですね。

今日の施工ご紹介は、エルグランドの革シートリペアです。
エルグランド
エルグランド
室内はこんな感じ。
エルグランド インパネ
エルグランド インパネ
この車の座席は座った時に触れる側(天面)が本革、側面は合皮のために劣化の過程で起きる症状が異なります。座面側はスレとひび割れ、側面は切れが。
施工前
施工前
座面側はそんなにひどくありませんが、側面のひび割れは結構ひどい状態。
施工前
施工前
そのままならわからないような箇所にも切れがあっちこっち。
施工前
施工前
いつものように切れた箇所をパテで繋げて周囲と同じようなシボを付けながら塗装して仕上げ。

ほとんど目立たなくなりました。
施工後
施工後
もちろん近寄ってみればシボ模様がオリジナルと異なるので、分かる人には「補修したな」ってバレちゃいますけど、基本的には気になるほどではありません。
施工後
施工後
気になる人は高いお金払って交換してくださいってことで。

施工費用と補修の仕上がりを考えると決して高い施工金額だとは思わないと思います。

仕上がりを見て今回もかなり喜んでいただけました。お役に立てて良かったです。





★インテリアリペアとは… 


モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。                                                                                        

「樹脂バンパー」も施工が可能です。板金屋さんやディーラーではまず修復ができないので交換を提案されますが、交換だとパーツによっては高価になります。しかしリペアだと半額以下にて修復が可能になります。           

「オープンカーの幌」の色褪せを復元も出来ます。交換の場合は高額な費用がかかり、日数もかかります。しかしリペアだと半額以下にて修復が可能になります。


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。