ポルシェ グローブボックスのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

今日ご紹介する作業は、ポルシェのグローブボックスにできてしまったキズ。

きょうは車両画像を撮り忘れました。
施工前
施工前
ゴルフバッグか何かをぶつけたんだそうで。

下地を埋めてから塗装で仕上げ。同じようなシボをつけて完成です。
施工後
施工後
ちょうど折り目のあたりだったので違和感のないような曲面を作るのが難しく、苦労しました。

完璧とは言えない仕上がりでしたが、なんとかOKいただきました。

このような小さな傷でも、交換となるとかなり高額になります。パーツによっては部分だけの交換ではなく、全体入れ替えなどということにもなりかねません。

こういうケースではリペアでの修理が有効です。

喜んでいただくことができ、今日もお役に立てて良かったです。

このような内装のキズ、穴、破れなどはぜひお気軽にお問い合わせください。



★インテリアリペアとは… 


モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。                                       

「樹脂バンパー」も施工が可能です。板金屋さんやディーラーではまず修復ができないので交換を提案されますが、交換だとパーツによっては高価になります。しかしリペアだと半額以下にて修復が可能になります。    

「オープンカーの幌」の色褪せを復元も出来ます。交換の場合は高額な費用がかかり、日数もかかります。しかしリペアだと半額以下にて修復が可能になります。


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。