ジャガー XJS 革シートと内張、コンソールのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

今日ご紹介するのは、今や希少なお車の補修のお話。

ジャガーXJS。以前にもご依頼いただいたことがある車と同一車種です。
ジャガー XJS
ジャガー XJS
レトロな車は見てるだけでもワクワクします。

お客様のお車ですが「シートの劣化がひどくなってきたのでそろそろ手を入れたい」とのことでお声がかかりました。ありがとうございます。

施工前の打ち合わせで「かなり古い車なので、それなりにきれいになれば良い、ヒビやシワがそこそこ目立たなくなる程度にしてね」とのことでしたので、完全にひび割れを消すのではなく、少しニュアンスを残す程度に仕上がるように気をつけました。

作業前に撮った画像はこんな感じ。
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
シワやヒビを消すのではなく、埋めるように仕上げて使用感を残しつつ、でも埋めたところからすぐに塗装が剥がれないようにしないといけないので、下地処理はすこし難しかったりしました。

でも仕上がって確認いただいたら「この感じやねん、完璧に直すよりこの車にはこの程度がバッチリ」と喜んでいただきました。

仕上がりはこんな感じ。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
だからといって内張りやコンソールは適当にせず、キッチリきれいに直しました。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
リペアして車の価値が上がりましたね。

旧車ながら使用感がなくなって車内で快適に過ごせるようになりました。
XJS インテリア
XJS インテリア
XJS
XJS
今回もお役に立てて良かったです。




★インテリアリペアとは… 


モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。                               

「樹脂バンパー」の場合のみ外装ですが施工が可能です。板金屋さんやディーラーではまず修復ができないので交換を提案されますが、交換だとパーツによっては高価になります。しかしリペアだと半額以下にて修復が可能になります。


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。