アルファード モケットシートの焦げ穴補修

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

今日ご紹介するのはアルファードの座席に大きな焦げ穴が出来たので、綺麗にならへんか?という問い合わせ。
アルファード
アルファード
車内はこんな感じ。
アルファード インパネ
アルファード インパネ
患部はこちら。
施工前
施工前
白い何かが詰め込まれてました。

補修するにしてもこれはあまりにも…(笑)

ゴム?か何かわかりませんが、除去するとベタベタします。患部周囲もべたつきますのでしっかりクリーニングしてから補修開始。
施工前
施工前
結構深い…
施工中
施工中
充填材を詰め、表面を整え、いろいろと工夫して仕上げました。

ベージュの色に合わせるのは難しくないですが、ツヤ感の同じような補修剤がないため、患部と補修の箇所を馴染ませるのに苦労しました。

しかも毛足が長く光の角度によって色の見え方が異なるため、全くわからなくなるということはあり得ません。

仕上がりはこんな感じ。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
それとなく自然に仕上がったのでは?

喜んでいただけました。お役に立てて良かったです。




★インテリアリペアとは… 


モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。                         

「樹脂バンパー」の場合のみ外装ですが施工が可能です。板金屋さんやディーラーではまず修復ができないので交換を提案されますが、交換だとパーツによっては高価になります。しかしリペアだと半額以下にて修復が可能になります。


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。