ボルボ V40 クロスカントリー 内張のリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

今日は雨が降ってきて作業には向かない1日でした。

今日の施工ご紹介はファブリック素材の内張りのリペア。患者さんはボルボV40。

初めてご依頼いただきました。かなーり昔に営業回りで名刺だけ置かせてもらっていたのですが、覚えていただいていたようで、連絡いただきました。やはりこまめに顔つなぎしとかないとダメだな〜と痛感。
ボルボ V40
ボルボ V40
インパネはこんな感じ。
V40 インパネ
V40 インパネ
センターパネルに10キーが。ちょっと珍しいかもね。
V40 インパネ
V40 インパネ
さて、患部はこちら。

禁煙者のはずなんだけど、どーしてこんな焦げ跡があるんやろね〜?  と営業さん^_^
施工前
施工前
納車前のお車のため、わからないようにしてほしいとのご希望のため、布専用の塗料で染めてみようかと思いましたが、明るい色の場合、黒ずんで見えるため塗装で仕上げるのは不可能と判断。

結局耐久性では劣りますが、モケットシート用の材料を使って焦げ跡の上から被せるようにして補修。
施工前
施工前
織り目の完全な再現は不可能ですが、それっぽく仕上げてみました。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
近づいて見ると若干違和感が残りますが、おそらく気づかれないと思います。


確認いただき、オーケーいただきました。




お問い合わせはこのページ下部にあるメール、LINEでもお気軽にどうぞ。HPにお問い合わせフォームもありますのでそこからも問い合わせできます。   



★インテリアリペアとは… 


「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。 


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。