ランドクルーザー モケットシートのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

世の中連休もいよいよ今日で終わりですね。連休中も問い合わせがあれば対応して何軒か作業しておりましたが、ついついブログの更新はサボってしまいました。

ネタはたまってますので、おいおいまた更新していきたいと思います。

さて、今日のお題はモケットシートの焦げ穴をキレイにしてほしいとの問い合わせ。患者さんはランクル。
ランドクルーザー
ランドクルーザー
室内はこんな感じ。クラウンの四駆バージョンみたい。
ランクル インパネ
ランクル インパネ
実はこのお車、新車なんです。なのにこんなところに焦げ穴が。間違いなく陸送屋の仕業でしょう( ´Д`)y━・~~
補修する焦げ穴の箇所はこちら。
施工前
施工前
施工前
施工前
グローブボックスにも拭き取るだけでは取れない汚れが。
施工前
施工前
普通の汚れなら洗剤で拭き取ればすぐに取れますが、取れないということは何か別の汚れだったのでしょう。別のクリーナーを使って除去。
施工後
施工後
焦げ穴の方も専用の充填剤を調色しながら充填して完成。色も面も馴染ませると違和感なく仕上がりました。
施工後
施工後
どこが補修箇所かわかります?
施工後
施工後
ここです^_^
施工後
施工後
拡大すれば織り目が違うので見えなくもないんですが、肉眼で見てもわからない仕上がりに。

確認していただくと「あれ、どこでしたっけ?」「えー、全然分からなくなりました」とのこと。ばっちり直りましたね。

今回もお役に立ててよかったです。


モケットシートの焦げ穴や破れは張り替えると意外と費用がかかります。また、現物の色褪せや焼けなどまで再現できないため、部分張り替えは違和感が残る場合があります。部分補修だと色合いも合わせるので違和感が残りません。うっかり作ってしまった焦げ穴や乗り降りの際に擦り切れてしまったら、リペアをご検討ください。


お問い合わせはこのページ下部にあるメール、LINEでもお気軽にどうぞ。HPにお問い合わせフォームもありますのでそこからも問い合わせできます。   



★インテリアリペアとは… 


「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。 


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。