エスティマ 革シートのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

本日はエスティマの革シートのリペアをご紹介。
エスティマ
エスティマ
室内は黒基調の引き締まったインテリア。
エスティマ インパネ
エスティマ インパネ
革シートのお車に乗っておられる方はこういう事象、気になっておられるのでは?
施工前
施工前
乗り降りでよく擦れる箇所がひび割れています。
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
革は使っていくうちにテカリが出てきます。

クリーニングすると汚れや脂テカリが消えて本来の表情が出てきます。

ちなみに下の画像で言うと左はクリーニング済み。
クリーニング中
クリーニング中
クリーニング→脱脂→下地調整→塗装 と手順を踏んで作業を進めて完成しました。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
助手席と後部座席も簡単にですがクリーニングして全席風合いを合わせて完成!
施工後
施工後
施工後
施工後
確認いただき、無事完成です。

きれいになって喜んでいただけました。

お役に立てて何よりです。



革シートは高級感もあっていいんですが、長年使用すればそれなりに劣化してきます。でも手入れを定期的にすれば長持ちします。シートのひび割れなどでお悩みの方はぜひリペアをご検討ください。



お問い合わせはこのページ下部にあるメール、LINEでもお気軽にどうぞ。HPにお問い合わせフォームもありますのでそこからも問い合わせできます。  




★インテリアリペアとは… 


モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。 


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。