アルファード 革シート クリーニングとリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

今日は先日施工しましたアルファードの施工の様子をご覧下さい。結構汚れも劣化もひどくて大変でした。
アルファード
アルファード
インテリアはこんな感じ。
アルファード インテリア
アルファード インテリア
インパネだけ見ていると、きれいに乗っていたんだろうなぁ、と思っていましたが、革シートを見ると愕然(笑)
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
いや〜汚いですね(笑)

埃+脂+ヤニ = 強烈な汚れ  となっております_| ̄|○


クリーニングだけでも結構きれいになりました。

助手席はクリーニング後、後席はクリーニング前です。色が全く違う(笑)
クリーニング中
クリーニング中
同じ座席で見ると違いがもっとわかりますね。
クリーニング中
クリーニング中
こんな汚れを全部クリーニングしてから引っかき傷や擦れ、破れを全部リペア。

そんなこんなで完成しました。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
大変喜んでもらえました。

リペアした箇所の前後はこんな感じに。
最後に細かいリペア箇所の一例をビフォーアフターで。
施工前
施工前
施工後
施工後
施工前
施工前
施工後
施工後
施工前
施工前
施工後
施工後
こんな感じのキズが多数。あまりに多すぎて撮りきれませんでしたが、全部きれいに直しておきました。

「うっわ〜 きれいになってる!」

「バッチリです!」

喜んでいただけました。車内が明るく感じるほどにきれいになって気持ちの良い空間の演出が出来ました。




★インテリアリペアとは… 


「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。 

交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。 

溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。