BMW1シリーズ スイッチパネルのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

本日の施工ご紹介は、パワーウィンドウのスイッチパネルの塗装が劣化してグズグズになっているのでなんとかしてほしいというご依頼。

お車はこちら。
BMW
BMW
患部はこんな感じになっちゃってます。
施工前
施工前
欧州車は大概こうなります。劣化した塗装がベタついて服に付いたりしたら取れないので、この塗膜を除去して再塗装仕上げ。

仕上がりはこんな感じ。
施工後
施工後
今後は寒暖差の激しいところにあっても再発はありません。

たいへん喜んでいただきました。これなら安心して販売していただけると思います。





★インテリアリペアとは… 


「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。 


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。 

溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。