ベンツ C43 ステーションワゴン メッキモールのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

しばらく更新が空いてしまいましたが、バタバタとやっておりました。今日は更新の時間もあったのでササっとやっちゃいましょう!

今日のご紹介は個人のお客様でベンツCクラスステーションワゴンのメッキモールのリペア。
ベンツC
ベンツC
欧州車はメッキモールが新車でも数年でこの状態になります。
施工前
施工前
施工前
施工前
ルーフも。
施工前
施工前
磨くだけの業者さんもいると聞いたことがありますが、それだとまたすぐに白くなってしまうので、何年かはこの状態が維持できるようにコーティングして仕上げ。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
新車の状態に仕上がりました。お客様にも大変喜んでいただきました。

「ここまでピカピカになるものなんですね〜」

「頼んで良かったです^_^」

お役に立てて良かったです(^-^)




★メッキモールのリペアとは…


欧州車に多いアルマイト加工されたモール加飾(窓の回りやルーフレールなど)の部分がアルカリ錆により、白く鱗のように変質します。


主な要因としては、酸性雨やアルカリ洗剤など(代表的なのはバケツ入りのピンク石鹸や洗車用強力洗剤など)にさらされて水酸化アルミニウムに変質するようです。


日本車は大抵クロームメッキのモールのため、このような症状にはならないのですが、欧州車は材料の加工方法が独特な故にどうしても錆が発生してしまいます。


磨き作業にて錆を除去し、コーティングを施しますので被膜が維持されている間は再発しません。


目につく部分が白く錆びていると気分も良くないですが、光るべき部分が光ると気持ちいいものです。ぜひお困りのかたはご相談ください!