ヴィッツ モケットシート焦げ穴のリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

今日も雨が降ったりやんだり作業しにくい一日でした。はやく天候が安定してもらいたいものです。

台風が来るのも気になりますね。

さて、今日はヴィッツの運転席に出来てしまった焦げ穴の補修のご紹介です。
トヨタ ヴィッツRS
トヨタ ヴィッツRS
インパネはこんな感じ。
ヴィッツ インパネ
ヴィッツ インパネ
運転席に焦げ穴が1つできています。完全に貫通しています。貫通している場合としていない場合とでは、施工方法が変わります。

まず作業をするにあたって、クリーニングを兼ねて塗料が染み込んでいる部分もきれいにします。
施工前
施工前
そして表面と裏地のスポンジの間には多少の距離があるので、底上げのためにスポンジを入れ込んでおきます。
施工前
施工前
そしていつも通り充填剤を入れ込んで表面を整えたら作業終了です。

素材がオリジナルと充填剤とでは異なるので、多少違和感は残ります。それでも焦げ穴がモロにあるよりははるかにマシです。
施工後
施工後
遠目に見たらわからなくなりました。
施工後
施工後
「良いね〜 OKです」

喜んでいただけて何よりです。




★インテリアリペアとは… 


「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。 


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。 

溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。