ハリアー ダッシュボードのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

今日は台風前で湿気がすごい1日でしたねぇ。作業途中に雨が降り出してなかなか大変な日でした。

さて、今日の施工のご紹介はハリアーのダッシュボードにできたひび割れの補修の紹介。この手の施工が最近は増えてきました。
ハリアー
ハリアー
ちょっと画角がいつもと違うのはケータイが変わったから。多分みなさんはあんまり気付かないでしょうが、更新してる本人はなんかスゴイ違和感(・_・;

インパネはこんな感じ。
ハリアー インパネ
ハリアー インパネ
何箇所かにひび割れが。放置しているとひび割れは長く伸びていきます。早めに処置するのが一番です。
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
しっかりとひび割れを固定するために接着剤を充填し、サンディングして平滑にし、周囲と馴染ませつつ塗装して仕上げると...

こうなりました。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
下見した時よりひび割れ箇所が増えてましたが、ついでに直しておきました。

この手の症状は日々進行していきますので、基本的には直すより交換の方が良いんですが、やむない場合には補修することも可能です。

作業終盤で雨が降り始めたので、雨に影響されないように作業するのは大変でした。でもきれいに直って良かったです^_^

確認しました?

「いや、雨降ってるから明日でええや、きれいに直ってるやろ」

はい、ありがとうございます^_^

明日もジャンジャン直していきましょう〜





★インテリアリペアとは… 


「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。 


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。 

溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。