ベンツ B170 ステアリングスイッチ ベタベタのリペア

神戸市で車の内装補修を行なっているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。

連日スイッチのベタつきの作業でクタクタ、目もショボショボです(T . T)

今日はベンツ B170 の個人オーナー様から「HPを見た」とのことで問い合わせをいただきました。数ある業者さんたちの中から選んでいただき、感謝です。
ベンツ B170
ベンツ B170
インテリアはこんな感じ。
ベンツ B170 インパネ
ベンツ B170 インパネ
ステアリングのスイッチに施された塗装が劣化でベタついています。

「最近までなんともなかったんやけど、気づいたら急にネチャネチャして…」とお困りの様子。

最悪マークは消えてもいいからキレイにしてくれとのこと。

マークが消えてしまっては実際の使用に支障が出ることがあるので、できる限り温存していきましょう。
施工前
施工前
通常なら仕上がり重視でパーツを全て取り外し、劣化した塗装は完全に剥離して再塗装・文字の再生などするのですが、予算の都合などに合わせた工法で施工。

ベタつきを抑え、封じ込める新しい材料なども使いながら仕上げます。
施工中
施工中
で、なんとか仕上がりました。一部、マークが崩れている部分でオリジナルとは異なるデザインになってますが、言われないと気づかないかな?と思います。
施工後
施工後
施工後
施工後
施工前にご本人で除光液などで作業されたらしく、塗膜が剥がれていたりパネルの隙間に入ったゴミが固着していて取れなかったりして、細かいところを見ていけばツッコミどころ満載な感じなんですが、なんとか仕上がりました。

できればリペアに出される方は自分で作業せず、そのままの状態でご依頼くださればと思いますm(_ _)m

「キレイになってますね!」

「ぜんぜんベタベタしませんね、頼んで良かったわ」


大変喜んでいただき、良かったです。





★インテリアリペアとは… 


「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。 


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。 

溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。