フォード エクスペディション 革ヘッドレストのリペア

神戸市で車の内装補修を行っているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。


暑い日が続いてますが、自家製の梅ジュースでなんとかしのいでおります。炎天下での作業なので、なかなかキツいですね。


さて、今日は市内のアメ車専門の中古車販売店からのご依頼です。車種はフォードのエクスペディションという車。人気ドラマの24のCTU(テロ対策ユニット)が使用する車だそうで(ドラマ観ないから関係ないですけど)


アメ車はとにかくデカイです。フレームに収まりません(笑)

フォード エクスペディション
フォード エクスペディション

ホイールも大きいですね。これで20inch!

エクスペディションのホイール
エクスペディションのホイール

車内はこんな感じ。外装からすれば意外と上品な車内。

エクスペディション インテリア
エクスペディション インテリア

さて、患部を見てみますと…

施工前
施工前
施工前
施工前

何か油が付着したような感じです。素材由来の感じではありません。クリーニングしてみると取れました…が、色合いが白ボケた感じに見えます。そのままではおかしいので、塗装して周囲と色つやを合わせます。

施工後
施工後
施工後
施工後

油分の付いていた箇所だけが塗装する前は革が突っ張って目立っていましたが、塗装後はそんなに目立たなくなったので、そのまま納品ということに。

装着画像
装着画像
装着画像
装着画像

装着しても違和感なし。運転中も目をやる場所でもないので、通常使用に問題なしです。


「おぉ~  全くわからへんねぇ」


「違和感なしです」


いったいあのテカテカはなんの油分だったんでしょうか…?  整髪料とかにしては不自然なんですが…


まぁ無事キレイになって良かったです(^o^)v








★インテリアリペアとは… 


「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。 


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。 

溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。