プリウス アルカンターラシートのリペア

神戸市で車の内装補修を行っているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。


本日は営業で回っていて初めてご依頼いただきましたクルマ屋さんです。開業当時は時々伺っていましたが、最近はタイミングがなかなか合わずお会いできませんでした。でも久し振りにお会いできてデモ施工させていただくことに。


さて、がんばらなければ!(笑)

プリウス
プリウス

お車はプリウス。詳しくは調べてないんで分かりませんが、アルカンターラシートのようなので最上級グレードのようです。

施工前
施工前

シート表皮を何か鋭いもので突き刺したような痕が。しかも接着剤かなにかで固めて補修した無惨な跡形…

施工前
施工前

これはドアを開ける度にストレスになりますね。手触りもカチカチ。座るときに膝裏とか当たったら痛そうです(笑)


固い補修痕は切り取ります。このまま残しては仕上がりに影響します。そのあと充填材とモケットシートのリペアに使う材料とで色や風合いを合わせて補修しました。


材質が違うので強度も耐久性も確保するのが難しいです。ピンポイントで押したり擦ったりすると凹む可能性があります。でも目立たなくすることでソコに注目することがなくなるので、わざわざ触ることがなくなると思います。


仕上がりはこんな感じに。

施工後
施工後
施工後
施工後

いかがでしょう?  ほぼ、分からなくなったのでは?


施工の内容をずっと後ろで見ておられました(^^ゞ


さすがに緊張しますね(+_+)


でも仕上がったら物凄く感動してくださいました(^o^)v


奥さまも呼んできて「これすごいなぁ~こんなにキレイにしてもらえるんやったら宣伝してあげないと」「どこやったかわからへんね!」と。


最大級の褒め言葉、ありがとうございますm(__)m


その言葉でご飯何杯でも食べれます(笑)


またぜひお役にたてることがあればいつでもお願いいたしますm(__)m






★インテリアリペアとは… 


「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。 


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。 

溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。