クラウン ダッシュボードのリペア

神戸市で車の内装補修を行っているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます。


だんだんと暑さが厳しい季節になってきましたね。でも負けずに頑張っていきたいと思います。


さて、今日はお初の車屋さんからのご依頼で、クラウンのダッシュボードのひび割れリペアです。

クラウン エクステリア
クラウン エクステリア

木目が高級感を演出してます。「いつかはクラウン」なんてキャッチコピーの時代もありましたね。今やセダンは不人気ですけど。

クラウン インテリア
クラウン インテリア

さて、患部を確認です。ひび割れ確かに出てきてますけどまだ範囲は少ない方です。でもなぜか両端のエアコン吹き出し口周辺は多いですね。あとは木目パネルとの境目辺りの施工しにくい箇所にも。


この手の施工は別の場所でもひび割れがすぐにできてくるので施工対象外ではあるのですが、それでも、という事でご理解いただいた上での施工となりました。

施工前
施工前

この症状の場合はひび割れた部分は広がる一方なので、これ以上広がらないよう接着剤にて固定しつつ面を整えます。しかし接着剤と素材の固さが同じではないのでキレイに面出しするのが難しい…

施工前
施工前
施工前
施工前

さて、あれやこれやと材料を駆使してなんとかそれらしく仕上がりました。


ちょっと明るさの足りない場所での施工でしたので、色合わせしにくかったですが無事に完成。施工後に外に出して確認しましたが、違和感無い仕上がりでしたのでこれにてお引き渡しとなりました。

施工後
施工後
施工後
施工後
施工後
施工後

「ええやん、分からんようになってるわ。」


「どこやったかな?」



ダッシュボード交換なんて非常に高価な修理になってしまいますが、これなら気軽に直せてまた気持ちよくドライブできるってもんです。


お客様にも喜んでもらえて一件落着。またお役にたてるネタがありましたらいつでもご連絡お待ちしております。






★インテリアリペアとは… 


「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。

「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。 


交換ではないので取り寄せのための待ち時間がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換より格安の費用で施工できます。 

溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。