トヨタ ブレイド 革シートのリペア

神戸市で車の内装補修を行っているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございますm(__)m


さて、本日の施工ご紹介は先日行いました革シートのリペア。患者さんはトヨタ ブレイド。

ブレイド
ブレイド

インテリアはこんな感じ。


オーリスよりは高級感があるかな。でもこんなに高級感出さなくても…  て少し思ってしまう(笑)

ブレイド インテリア
ブレイド インテリア

なかなかタイトなコックピットに感じます。


ここからは患部はわかりませんが…

施工前
施工前

患部はこちらにありました。


ピンポイントに擦れて塗膜が剥がれてます。


破れる一歩手前でした。

施工前①
施工前①
施工前②
施工前②

調色した塗料でスレによってなくなった塗膜を再び再生します。


この時シワを少し埋めながら表面を作ることでシワを目立ちにくくし、細かいひび割れの部分も埋めていきます。


さて、仕上がりました。

施工後①
施工後①
施工後②
施工後②

シワは無理に埋めて完璧になくしたらその時の仕上がりは良いですが、その塗膜再生をした下層に癖のついたシワが潜んだ状態になります。


深くないシワの場合はキレイに整えてあげても良いのですが、深い溝のようになったシワの場合は無理やり埋めてしまうとそこから補修材が剥離する可能性が増すので、自然にシワを残しつつ目立たなくする方が耐久性が上がります。


その作業の加減が非常に難しかったりします。


でもキレイに仕上がったので良かったです(^o^)


完成後の確認はスタッフさん居なかったのですが、きっと喜んで戴けることでしょう。






★インテリアリペアとは…



「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。


「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。


「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。


「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。


「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。



交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。