ホンダ インテグラ レカロシートのリペア

神戸市で車の内装補修を行っているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございますm(__)m


今日も暑かったですね。暑くなりましたが日焼けでヒリヒリになるのは嫌なので長袖で今日は作業です(笑)


今日の患者さんはホンダ インテグラ。シートの汚れをどうにかしてくれとのこと。

ホンダ インテグラ TYPE R
ホンダ インテグラ TYPE R

車内はこんな感じ。


シフトノブはどこ行ったんでしょ…

インテグラ インテリア
インテグラ インテリア

で、今回の本題はこちら。

施工前①
施工前①

これは…  なに汚れですかねぇ?


油と埃かなぁ。


クリーニングだけでキレイになればいいんですけど。


拡大すると汚れが押し固められてツヤツヤ、ガビガビに(笑)

施工前②
施工前②
施工前③
施工前③

破れてるやーん(笑)

施工前④
施工前④
施工前⑤
施工前⑤

どこまでキレイになるのか…


いささか不安ですが、頑張ってみます。




……で、できました。


どうでしょう?すっかりシート本来の鮮やかな赤がよみがえったのでは?

施工後①
施工後①
施工後②
施工後②
施工後③
施工後③

そして、今回の山場(笑)    破れの箇所はこんな感じに。

施工後④
施工後④
施工後⑤
施工後⑤

「お、キレイになってますやん!」


「破れもなおってるし」


ちなみに破れの箇所はあまり耐久性はないので、やさしく扱ってくださいね(^-^ゞ    普通に使う分にはすぐにダメになることはないと思いますが。




いままでモケットなどのリペアはタバコの焦げ穴への対応が中心でしたが、こういうシート1脚まるっとクリーニングもできるように。


本格的な機械を導入せずに作業するので、まだまだ簡易的な作業しか出来ませんが、工夫と努力で頑張っていきますんで、もしこんな汚れでお困りの方はぜひ。


このお車はステアリングの補修も同時におこないましたが、それはまた後日UPします。








★インテリアリペアとは…



「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」も可能な限り目立たなくするように施工致します。


「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。


「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。


「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。


「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。



交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。