ホンダ アコード ダッシュボードのリペア

神戸市で車の内装補修を行っているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございます(^-^ゞ


ネタはあるのにしばらくサボっておりました。久々の更新致します。


今日の施工ご紹介はダッシュボードのリペア。クルマはアコードです。全体の画像を撮り忘れてました。インパネ回りはこんな感じ。

アコード インテリア
アコード インテリア

全体的にはキレイなんですが、ダッシュボード上に気になる箇所が。


ナビかなんか取り付けていたんでしょうか、吸盤の跡が2ヵ所ほど。1ヶ所は塗装まで剥がれてしまってます。それからケーブルを固定していたであろうフックも外してくれと。


よくよく見たら同じ色ではなく、似てるけど黒と濃いこげ茶。ええい、調色が面倒ではないか(笑)しかもセンターのエアコンの上のパネルはメタリックが混ざっとる。


同じ色で塗るわけにはイカンので(当たり前か)別々に塗って仕上げました。意外に厄介な相手でした。

施工前
施工前
施工前
施工前
施工前
施工前

で、仕上がりはこんな感じ。

施工後
施工後
施工後
施工後

右側が透けてるかな?肉眼では気付きにくかったが画像で見ると微かに透けてるような気もしないんですが…


でも全体を見ると…  まぁ、なおってるかな。良いでしょう(^-^)v

施工後
施工後

で、OK貰いました。「バッチリやね!」とのお言葉でした。


いつも呼んでいただき、ありがとうございますm(__)m






★インテリアリペアとは…

 


「布・モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修し分かりにくくします。「破れ」も可能な限り目立たなく仕上げます。

 

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

 

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

 

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

 

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。

 


交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。