スバル R2 ガラスコーティングとヘッドライトのリペア

神戸市で車の内装補修を行っているi-works代表かたぎの施工ブログをいつもご覧いただき、ありがとうございます。


本日は個人様のお車のコーティングを施工してまいりましたのでご紹介いたします。


施工前の画像が全体像しかないので、施工前後の変化が分かりにくいのですが、かなり雨染みが塗装表面を侵しており、状態としてはかなり悪いコンディションでした…


鉄粉はさほど付いてないのですが、小キズが目立ち、また雨染みはけっこう深くまで影響していたので磨き作業にかなり時間が必要です。

施工前
施工前

下地処理を行い、コーティングを塗布します。ツヤが戻ってきますと黒々としたボディが惚れ惚れするほどの輝きを放つ仕上がりとなりました。

施工後
施工後

景色がクッキリ写り込むようになりました。無数に雨染みがあったときと印象はまったく違います。

施工後
施工後

ボディはツヤツヤになりましたね~

 

 

 

 

以下の写真で、ヘッドライトの周囲のシミを見れば施工前後の塗装表面の違いがわかるのではないでしょうか?

 

 

 

 

ヘッドライトの黄ばみも同時に研ぎ落として磨きをかけ、ツヤだしをします。

施工前 助手席側
施工前 助手席側
施工前 運転席側
施工前 運転席側

最後にヘッドライトにもコーティングを塗布し、バイザーや樹脂パーツ部分もツヤを持たせ、新車の時のような輝きを取り戻すことができました。

施工後 助手席側
施工後 助手席側
施工後 運転席側
施工後 運転席側

時間があればもっとしっかりと磨き作業ができるのですが、限られた時間でしたので下地処理の仕上がりは自分の納得がいかないレベルでしたが、オーナー様には大変ご満足いただきました。

 

「いままでこんなにキレイになったことないわ!」

 

「ヘッドライトも自分で液剤買って磨いたけどまったく黄ばみ取れなかったのにスゴい」

 

黒はお手入れがなかなか難しい色なので大変ですが、今後は汚れのたまらないうちにシャンプー洗車のみでキレイに維持できます。ぜひキレイな艶黒ボディをお楽しみください(^-^)v

 

 

 

 

 

★i-worksのガラスコーティング「クリスタルコーティング」とは…

 

①ポリマーと比較して、被膜の強度が強いので輝きや撥水が長期に渡って続きます。

 

②施工後の酸化が起こりにくく、油膜や水垢になりません。

 

③擦れや洗車による小傷が入りにくく、汚れが付着しにくくなります。

 

④普段のお手入れが簡単になります。シャンプー洗車で輝きを維持できます。

 

この輝きを手に入れるには幾つかの注意点があります。それはこちらをご覧下さい┏〇

 

 

 

 

★「ヘッドライトポリッシュ」とは…

 

ヘッドライトレンズの黄ばみや微細なキズを、丁寧に磨くことによって甦らせる作業のことです。

 

長期間コーティング被膜がレンズを保護し続けますので、すぐに黄ばんでしまうことはありません。黄ばみが酷かったり、白ボケしたままでは光量不足で車検に通せないこともありますが、一時間程度の作業でそんな心配までクリアにします!

 

レンズが黄ばんでいると、古さを感じてしまって印象が悪くなりますが、クリアなレンズになるとガラッと印象が変わりますよ!

 

 

 

以下の場合は施工できません。ご注意下さい!

 

・レンズの割れや欠け、ひび割れ、深いキズなどがある場合

・レンズ表面にアイライン等加飾されている場合

・ガラス製のレンズ

・割れ、欠け、爪にかかる深さのキズがあるヘッドライト

・ヘッドライト内部の白濁、変色、曇り(施工は表面のみ)

・施工後数時間で雨が降ることが見込まれる場合

・レンズ内側の曇りには対応できません

・周辺が綺麗になると隠れていた小キズが見えてくることがあります。また、ヘッドライトの形状によってはわずかに曇りや磨きキズが残る場合があります。

・お客様の車の状態によっては価格が異なることもあります。詳しくは見積もり時に相談させていただきます。

・1~2時間で表面は乾燥します。その後の雨などによる水濡れは問題ありませんが、レンズの白濁や被膜の早期劣化を避けるため、施工後1週間ほど洗車はお控えください。