アコード 革シート ひび割れ、シワの補修

神戸市で車の内装リペアを行っているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございますm(__)m


今日はアコードのシートの補修ということで、市内の中古車輸出の業者さんのところへ行ってまいりました。

アコード
アコード


ちょっと前までアコードのワゴンって人気あったはずなんですが、最近は元気ないですねえ…


デザインがビミョーって話もありますが…  それはさておき。


インテリアはこんな感じ。

アコードのインパネ回り
アコードのインパネ回り


アコードのハーフレザーシートは大抵、乗り降りするところがすぐにシワとひび割れだらけになってしまうようです。

作業前①
作業前①
作業前②
作業前②


さて、いつものように革専用の材料を用いて直していきます。


深いシワやひび割れを目立たないように埋めながら、自然な仕上がりを目指します。

作業後①
作業後①
作業後②
作業後②


シワやひび割れは目立たなくなり、乾燥して硬かった表面も柔らかさを取り戻しました。


乗り降りの際に感じられる引っ掛かり感も無くなることでしょう。


「バッチリですね」


「キレイになりました  良いでしょう🎵」



いつもご依頼いただき、ありがとうございます。業者さんのみならず、お客様にも喜んでいただけるように技術を高めていきたいと思いますので、よろしくお願いしますm(__)m







★インテリアリペアとは…

 


「布・モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修し分かりにくくします。「破れ」も可能な限り目立たなく仕上げます。

 

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

 

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

 

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

 

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。

 


交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。