ストリーム ドア内張りキズのリペア

神戸市で車の内装リペアを行っているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございますm(__)m


本日2台目3施工目、ストリーム祭りです(笑)

ストリーム
ストリーム



板金に出す前とのことで、フロントはキズだらけですね~


中も同じようなキズだらけです。ドアの内張り肘掛け周辺がキズだらけです。

作業前
作業前
作業前
作業前

アルミっぽい風合いですが、プラスチック内張りです。塗装次第で金属調に見えるんです。


所々黒い部分は単に塗装の剥がれの部分もありますが、深いえぐれになっているところもあります。深いえぐれキズはキチンと埋めて平滑化しておかないといけません。深い、といっても0.5ミリもないくらいの深さですが、影になることがあるのでキズが少しでもあれば違和感となって現れてしまいます。そうならないように徹底してキズを無くします。


そんなこんなで症状に合わせて処置して…はい、おしまい!

作業後
作業後
作業後
作業後



無事、キズもなくなりきれいに仕上がりました。


「うわっ!きれいになってるやん!」


「どうやったらこんなきれいになるんやろ」



板金の凄いキズもきれいに直せる技術があるのと同様、内装のリペアもきれいに直す技術があるんです。


お役に立てて良かったです(^o^)






★インテリアリペアとは…

 


「布・モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修し分かりにくくします。「破れ」も可能な限り目立たなく仕上げます。

 

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

 

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

 

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

 

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。

 


交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。