VW ポロ モケットシート 焦げ穴のリペア

神戸市で車の内装リペアを行っているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございますm(__)m


さて今日のリペアのご紹介は、VWポロのモケットシートにできてしまった焦げ穴のリペアです。お呼びいただいたのは、市内の中古車販売店さんで今回お初のご依頼です。大切な売り物のクルマを預けていただき、ありがとうございます。

VWポロ
VWポロ



個人的にはこの世代のポロが一番デザインは好みです。先日、特別仕様のポロを作業させていただきましたが、今回は標準仕様であります。


で、インテリアはこんな感じ。いたってフツーです。

ポロのインテリア
ポロのインテリア



日没も近いので、急がなくては。


患部はこんな感じ。

助手席側 作業前
助手席側 作業前
運転席側 作業前
運転席側 作業前



表面がワッフル状になっているため、補修箇所は明らかに見えることを前提に作業開始。なるべく形を

似せようと努力しましたが、あえなく撃沈(笑)

助手席側 作業後
助手席側 作業後
運転席側 作業後
運転席側 作業後



充填材の色を合わせても、面が揃わないので光って見えてしまい、やはり補修痕が見えてしまいました。肉眼ではそんなに周囲との差を感じなかったのですが、カメラに撮るとよくわかってしまいます(;´д`)


最近のモケット表面は柄が入ってるのが増えてきましたので、なかなか厳しいですな。対策を考えなければ。


「穴が開いてるより塞がってる方がええよ、ウマイこと塞いでくれてるやんか」


「外科手術みたいやなあ」


なんて言われながら、なんとか作業を終えました。もう少し腕を磨かなければと思います。でもお呼びいただき、ありがとうございます。今後もよろしくお願いしますm(__)m






★インテリアリペアとは…

 


「布・モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修し分かりにくくします。「破れ」も可能な限り目立たなく仕上げます。

 

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

 

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

 

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

 

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。

 


交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。