レンジローバー プラスチックパネルのべたつきのリペア

神戸市で車の内装リペアを行っているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございますm(__)m


今日はプラスチックのパネルのべたつきが出ているものをきれいにして欲しいと言うことなので、作業してきました。


場所は後部座席の中央下部、センターコンソールのボックスの蓋部分です。あ、屋根瓦じゃないですよ(笑)

作業前
作業前

厚みのあるゴム塗装ですが、日本の気候に合わないので何年かしたら必ずこうなります。仕方のないことですが、知らずに靴や服など擦れてしまったら取れないべたつきがこびりついてしまって、大変なことになってしまいます。

作業前
作業前

一旦古くなったベタついた塗装を剥ぎ取り、調色した塗装を施すことでサラッとした仕上がりになります。


単に黒い塗装だと思っていたんですが、実際は青みがかなりたくさん入ってましたので、実際に似た色に調色してから塗装を施すことにします。


現実には足元のパーツで目につく場所では無いものの、違和感の残らないようになるべく本来の色に合わせて塗装します。

作業後
作業後
作業後
作業後

サラッとキレイに仕上がりました。新しく塗った塗装はベタつくことはありません。オリジナルのしっとりした手触りからすると少し違うのですが、気づかれることはないでしょう。


翌日納めにいきまして完了で~す(^o^)



「キレイきれい」


「いつも完璧ですね~」



喜んでいただけたようです(^^)d






★インテリアリペアとは…

 


「布・モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修し分かりにくくします。「破れ」も可能な限り目立たなく仕上げます。

 

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

 

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

 

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

 

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。

 


交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。