デリカD:5 モケットシートの焦げ穴補修

神戸市で車の内装リペアを行っているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございますm(__)m


今日はモケットシートにできた焦げ穴の補修もおこないましたのでご紹介します。

デリカD:5 インテリア
デリカD:5 インテリア

たいがいこの位置なんですよね、焦げ穴の位置って。灰がポトリと落ちるだけですぐにこうなってしまいますので、喫煙者の皆さんはぜひご注意下さい。

作業前
作業前

焦げ穴はそんなに大きくもないものです。でも焦げ穴があるということは、喫煙車と言うことになるので、中古車の場合は評価が下がるんですよね~

作業前
作業前

専用の充填材や補強シートによって穴を塞ぎ、調色したモケット専用の材料で表面をぼかしながら整えると… 穴はなかったことに。

作業後
作業後

調色する充填材の色に限りがあるので、現物に合わせるのが難しいんですが、なんとか目だたなくなりました。

作業後
作業後

これなら次の買い手さんも気にならないと思います(^^)d



担当の方が外出しておられたのでご感想を聞けませんでしたが、多分オーケーでしょう(笑)



焦げ穴できちゃった!  って方はぜひご連絡下さい(笑)







★インテリアリペアとは…

 


「布・モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修し分かりにくくします。「破れ」も可能な限り目立たなく仕上げます。

 

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

 

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

 

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

 

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。

 


交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。