ダイハツ タント モケットシート 焦げ穴リペア

神戸市で車の内装リペアを行っているi-works代表かたぎの施工ブログをご覧いただき、いつもありがとうございますm(__)m


今日は市内の某中古車販売店さんからのご依頼です。焦げ穴がある車をオークション出しするので治してから出したい、とのこと。

タント
タント

それにしても広い車内です。軽にしてはかなり広い居住空間ですね。

タントのインテリア
タントのインテリア

そんなタントのインテリアに焦げ穴が1つ。他にもタバコの灰が落ちたようで小さな焦げ跡が何ヵ所か。


さっそく治していきましょう!


黒地に柄が白線で入っていますが、そこまで再現せずに目立たない程度にということで仕上げていきます。

作業前
作業前

専用の充填材や接着剤など使っていきます。明らかに開いていた穴はしっかりと埋め終わりました。


やはり柄が再現できない分、違和感はありますが、穴があいているよりはそこに目がいかないので、気にならなくなりました。

作業後
作業後

「なんか直したって言うのが分かるな~」


「でも焦げ穴があいてたら、前オーナーが煙草吸ってたのがあからさまやから、きれいにしたかってん。これでええよ~」




黒のモケットはなかなか色が沈まないので、難しいです。施工方法で補えたら良いんですが、材料がどうしてもこれ以上黒いのが無いんですよね~(;´д`)


張り替えると何万もするだろうことを考えると1/5程度でなおるので、今回はこれにてなんとかお許しを(^人^)






★インテリアリペアとは…

 


「布・モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修し分かりにくくします。「破れ」も可能な限り目立たなく仕上げます。

 

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

 

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

 

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

 

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。

 


交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。