コルベット ベタベタなステアリングホーンパッドのリペア

神戸市で車の内装リペアを行っているi-worksの施工ブログをご覧いただきいつもありがとうございますm(__)m


昨晩はカミナリがスゴかったですね~  雨が上がって一気に季節が進みました。かなり冷えてきましたね~


今日は市内の中古車屋さんからのご依頼です。

コルベット
コルベット


流れるようなデザイン、カッコいいですね~(^o^)


さて、ご依頼の内容ですがホーンパッドがベタベタになっているのでどうにかならない?とのこと。

ベタベタです。
ベタベタです。


見た目では分かりにくいですが、触ると手に黒い塗料が付いてベタベタします。指紋の跡がつくくらい。服に付いたりしたら大変です。


何か固いものが当たったりしたのか、型が付いたりホコリがたくさん付きやすくなってます。


このまま上から塗装しても仕上がりは全く良くないので、古い塗装は全部剥ぎ取ってから再塗装で仕上げましょう。


たまに無水エタノールなどで古い塗装で除去する方がおられますが、それだけでは表面のツヤや質感が整わないので塗装で仕上げなければなりません。


仕上がりはこんな感じ↓↓↓

作業後
作業後
作業後
作業後
作業後
作業後
作業後
作業後

シボの中の塗装も丁寧に除去してから新しく塗装して仕上げました。途中、もうええかな~なんて思いましたが、徹底的に下地処理したらやっぱり仕上がりは良いです。手触りもサラサラに。もうベタつくことはありません。


「新品みたいやね~!スゴいな~」


「交換でも値段変わらんかな~と思ったけど、すぐに仕上げてもらってこの仕上がりならリペアで十分やね!」


そう言われるとリペアの価値が認められているようで、大変嬉しいことです\(^_^)/


交換してゴミ増やさなくても気持ちよく補修できるんですよね~





★インテリアリペアとは…

 


「布・モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修し分かりにくくします。「破れ」も可能な限り目立たなく仕上げます。

 

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

 

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

 

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

 

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。

 


交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。