VOLVO XC70 ヘッドライトのリペア

神戸市で車の内装リペアを行っているi-worksのリペアブログをご覧いただき、いつもありがとうございますm(__)m


今日はヘッドライトにイタズラされたのか、かなりひどいキズが入ってるんだけどキレイになるの?という問い合わせをホームページを見てくださったお客様からいただき、作業してまいりました。


ちなみにレンズの状態はこのようなもの↓↓↓

運転席側 作業前
運転席側 作業前
助手席側 作業前
助手席側 作業前


確かにクリアコートの劣化による剥がれもひどいですが、ひっかきキズが気になります。あまり規則性のないキズで、しかも出っ張ってるバンパーなどには全くキズがないので、「駐車場の出入りの際に自転車とかで擦っちゃった」とかいうものでは無く、意図的に引っ掻いたようなイタズラによるキズのようです。


レンズを深くえぐっていなければ良いのですが…

運転席側 作業前
運転席側 作業前
助手席側 作業前
助手席側 作業前

まずはペーパーで番手を少しずつ上げながら研き、その後コンパウンドも何種類か使って研いてみますと…


こんな感じに。

運転席側 作業後
運転席側 作業後
助手席側 作業後
助手席側 作業後


角度を変えて見てももひっかきキズは無くなりました。

運転席側 作業後
運転席側 作業後
助手席側 作業後
助手席側 作業後


「こんなにキレイになるんや!スゴいな~」


「これなら車検でも何も言われないね、大丈夫やわ!」



作業前は正直、キズがどこまで見えなくなるか不安でしたが、無事キレイに仕上がってくれました。



ボルボのXC70で左ハンドルって言うのは日本にはないモデルなんだそうですよ。せっかくの希少車でもキズだらけのお目目だと価値半減ですもんね。


今日はお役に立てて良かったです。またなにかお力になれることがあればいつでもお呼びください。i-worksのヘッドライトポリッシュをご依頼戴きまして、ありがとうございます。







★「ヘッドライトポリッシュ」とは…


ヘッドライトレンズの黄ばみや微細なキズを、丁寧に磨くことによって甦らせる作業のことです。


長期間コーティング被膜がレンズを保護し続けますので、すぐに黄ばんでしまうことはありません。黄ばみが酷かったり、白ボケしたままでは光量不足で車検に通せないこともありますが、一時間程度の作業でそんな心配までクリアにします!


レンズが黄ばんでいると、古さを感じてしまって印象が悪くなりますが、クリアなレンズになるとガラッと印象が変わりますよ!




以下の場合は施工できません。ご注意下さい!


・レンズの割れや欠け、ひび割れ、深いキズなどがある場合

・レンズ表面にアイライン等加飾されている場合

・ガラス製のレンズ

・割れ、欠け、爪にかかる深さのキズがあるヘッドライト

・ヘッドライト内部の白濁、変色、曇り(施工は表面のみ)

・施工後数時間で雨が降ることが見込まれる場合

・レンズ内側の曇りには対応できません

・周辺が綺麗になると隠れていた小キズが見えてくることがあります。また、ヘッドライトの形状によってはわずかに曇りや磨きキズが残る場合があります。

・お客様の車の状態によっては価格が異なることもあります。詳しくは見積もり時に相談させていただきます。

・1~2時間で表面は乾燥します。その後の雨などによる水濡れは問題ありませんが、レンズの白濁や被膜の早期劣化を避けるため、施工後1週間ほど洗車はお控えください。