オデッセイ 革シート 破れ、擦れのリペア

神戸市で車の内装リペアを行っているi-worksの施工ブログをご覧いただき、ありがとうございますm(__)m


今日はお初の中古車販売店からのご依頼で、オデッセイ(DBA-RB1)の革シート破れ、ひび割れの補修です。


業者のみなさんの場合、どんな仕上がり・作業の様子なのか見てみたいと思われる方も居られると思います。初めてご依頼いただいた場合、今後も取引していただくためにも、デモ施工させていただいております。今回はその施工でした。

作業前
作業前
作業前
作業前

商品としてのクルマではなく、社員さんが乗られるクルマという事で、耐久性も、仕上がりも特別高いレベルが求められます。…といっても誰に依頼されてもきっちり仕上げるのは変わらないんですけどね(笑)初めてご依頼いただくときは特にプレッシャーかかります(笑)



ガッツリ破れやひび割れなので、仕上がりを見てもらうにはピッタリなネタとなりました。



専用の補強材と充填剤を入れて下地を作り、革専用の塗料で調色して塗装し仕上げます。周りの風合いと合わせて仕上げると、どうでしょうか…

作業後
作業後
作業後
作業後

シートの座面は若干元の塗装が硬くなり始めていたので、ガッツリ削り込んでから塗装しました。長年の乗り降りで癖が付いてしまっているのでキレイに表面が張りませんでしたが、ひび割れ、汚れ、シワなどが目立たない仕上がりに。


肩の破れの部分はステッチのキワの部分だったので、きっちり埋まるか心配でしたが、無事キレイに破れが埋まりました\(^-^)/


仕上がりを見て皆さん驚いておられました。満足いただけて良かったです。これからもぜひぜひご贔屓に┏〇






★インテリアリペアとは…

 


「布・モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修し分かりにくくします。「破れ」も可能な限り目立たなく仕上げます。

 

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

 

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

 

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

 

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。

 


交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。