ポルシェ GT4 ダッシュボードの引っ掻きキズ補修

神戸市で車の内装リペアを行っているi-worksの施工ブログをいつもご覧いただき、ありがとうございます。


本日2台目のポルシェです。このポルシェはGT4。スパルタンなイメージのスポーツモデル。 


それにしてもポルシェはボディはほぼ同じなのに、微妙な違いでモデル名も変わるので覚えられません(笑)

GT4 かっくいい~(^o^)
GT4 かっくいい~(^o^)

1台目と同じようなキズが今度はダッシュボードに。さっきの911と違って狭い空間での作業。仕上がりに影響しなければいいのですが…

キズはこれまた微かな引っ掻きキズです
キズはこれまた微かな引っ掻きキズです



…て、これまたキズはドコ?




ん~…   わからん
ん~… わからん



フロント窓側から覗くと…


ありましたありました。うっすらとキズがあります。




こっちからなら分かるレベル
こっちからなら分かるレベル

さて、作業してみました。とうしてもツヤの加減がポルシェの内装には厳しいですな…ツヤがひきません。ボカして目立たなくするのが精一杯でした。


補正がかかってるせいで before after の色が全然違いますが、色は合ってるんですがね~

どんなもんですかね…
どんなもんですかね…

キズは座席に座ってみる限りは判別できないので、問題ないでしょう。


技術力の向上の必要性を痛感した1日でした。 


もう1台助けを待っているポルシェ君がいるみたいなので、後日また作業させていただきます。ガンバりますので、ぜひよろしくお願いしますm(__)m






★インテリアリペアとは…

 


「布・モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修し分かりにくくします。「破れ」も可能な限り目立たなく仕上げます。

 

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

 

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

 

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

 

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。

 


交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。