シボレー タホ ダッシュボードのリペア

神戸市で車の内装リペアを行っているi-worksの施工ブログをご覧いただき、まことにありがとうございますm(__)m


まだまだ日向での作業は暑いですねえ。今日も一汗かきました^_^;


今日はダッシュボードにつけていたもの(レーダー探知機?)の吸盤と台座シートを取り外したら塗装がめくれたのでどうにかして欲しい、とのことです。


レーダー探知機やオンダッシュモニターなどつけていて、いざ外そうと思ったら粘着シートがキレイに剥がれなくなってしまっている、ってことはよくあります。


こうならないようにするには…  ダッシュボード上には貼り付けないようにするのが良いんですが、気に入った機種がなかったり、大画面のものが専用のスペースには入らなかったりするんですよね~


さてさてそんな話はさておき、患部はこんな感じになってました↓↓↓

作業前
作業前

塗装の表面膜だけが剥がれているので、塗料を調色して塗装するだけ。はいおしまい。

作業後
作業後

周囲の気になる剥がれも同時に補修しておきました。


こんなところにまで剥がれが↓↓↓

作業前
作業前

これも一瞬でこんな感じに↓↓↓

作業後
作業後

「いつもながらキレイにしてもらってありがとうございます~」


こちらこそ、いつもお仕事いただいてありがとうございますm(__)m


それにしてもデカい車ばかりでアメ車は圧倒されますねえ(笑)

フレームに収まりきりません(笑)
フレームに収まりきりません(笑)





★インテリアリペアとは…

 


「布・モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修し分かりにくくします。「破れ」も可能な限り目立たなく仕上げます。

 

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

 

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

 

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

 

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。

 


交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。