トヨタ スペイド 布シートの焦げ穴補修

神戸市で車の内装リペアを行っているi-worksのブログをご覧いただき、ありがとうございますm(__)m


今日は市内の自動車販売店からのご依頼で、タバコの焦げ穴補修のご紹介です。お客様から相談があったそうで、問合せがありました。

作業前
作業前

車の内装は難燃性の材料で構成されてはいるのですが、燃え広がらないだけで、さすがにタバコの灰をポトリと落としてしまうと、ノーダメージというわけにはいきません。


柄が入っているのと、織り柄×モケットの異素材で構成されていることなど考慮して補修痕が残る前提で作業開始です。

作業後
作業後

補修材自体の色がそこまで深い黒のものがないので、やはり補修した箇所が白く残ってしまいました( ゚Д゚)

 

肉眼では少し離れてみるとそこそこなじんで気づきにくいのですが、カメラでははっきりと映し出してくれますね(笑)


がんばって似せられるように調色して充填の仕方で工夫もしてみましたが、これが限界でした。

 

特に黒は同じ風合いに仕上げにくい色です。最近の車の内装はいろいろと凝った造りのものが増えてきていますので、それに合わせて仕上げるのもより一層難しくなっているようです。

 

 

「これだけきれいに治れば十分だよ」

 

「焦げ跡を気にしながら乗り降りすることを思えばわからない」

 

お客様がどこまで満足してくださるかわかりませんが、販売店の方にはOK頂きました。張り替えることを考えれば費用はかなり安いと思いますよ(^^♪


そこだけ擦ったり、押したりしないようにやさしく扱ってやってくださいね~





★インテリアリペアとは…

 


「布・モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を、専用の充填剤を用いて補修し分かりにくくします。「破れ」も可能な限り目立たなく仕上げます。

 

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

 

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

 

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

 

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。

 


交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。