マークX ダッシュボードのリペア

いつも神戸市で車の内装リペアを行っているi-worksのブログをご覧いただき、ありがとうございます。


昨日芋掘りで山ほど掘り起こしたので、今日は筋肉痛&腰痛のi-works代表かたぎです(>_<)


連休も明けて仕事モードにならないといけないのですが、気持ち的にはなかなか…orz


さて、今日は「ホームページを見た」とご依頼があってマークXのダッシュボード  キズ補修です。

名前がマークⅡからXに変わった時は衝撃でした
名前がマークⅡからXに変わった時は衝撃でした

「パテで埋めたんですが、思ったように出来なくて」とのこと。でもその意気込みはスゴいと思います(^o^)


苦労の跡が残っています。少しシボ付けて塗装すればなんとか仕上がりそうです。

作業前 エアコンフード回り
作業前 エアコンフード回り
作業前 助手席側
作業前 助手席側

キワのラインをキレイに出したり、シボを合わせたり、塗装の色を合わせたり、手触りを違和感なく仕上げたり…  補修の際のハードルはたくさんあります。


色合わせ1つ取ってみてもこのダッシュボードの色は黒一色で塗れば良さそうに思いますが、実際は黄や白・赤などを一滴単位で合わせながら現物に色を合わせなければなりません。


これらのどれか一つでも欠けると満足いただけません。特にダッシュボードともなれば目に触れやすい箇所なので尚更です。


ワタクシも偉そうには言えませんが、あれやこれやと不器用ながら頑張ってみました。

作業後 エアコンフード回り
作業後 エアコンフード回り
作業後 助手席側
作業後 助手席側

「これなら大丈夫です、十分キレイです」


喜んでいただけてホッとしました。いつもこの引き渡しの瞬間だけはドキドキです(笑)


聞けば、ダッシュボードの交換は二桁前後の費用がかかる上、交換してもパーツ同士のサイズが合わない事が多く、取り付け後に異音発生の原因になるそうです。そう聞くと、リペアの質をもっともっと上げて満足していただけるものをご提供しなければ、という気持ちになります。


何はともあれ、今日もお客様に喜んでいただけてなによりです。






★インテリアリペアとは…

 


「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。

 

「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。

 

「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。

 

「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。

 

「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。

 


交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。





で、芋掘りの成果はどんなもんだったのかって?

20人の大人たちでガンバりました(笑)