ヴィッツ 合皮シートのインク除去

神戸市で車の内装リペアを行っているi-worksのブログをいつもご覧いただき、ありがとうございますm(__)m


今日は市内の某自動車販売店からのご依頼です。


「作業したときにシートにボールペンのインクを付けてしまったので何とかしてほしい」とのこと。


油性のボールペンのインクは、ある程度は洗剤とかで落ちても、完全には取れないんです。しかも油分が染み込んでいくのでシミが残ってしまいます。以前、同じ症状を自分で補修しようとした人が居て、上から塗装したのに「インク痕が染み出てきた!」ということがありました。


完全にインクの油分を除去してからでないと塗装しても浮き出てきますので、まずその作業からおこないます。

作業前
作業前

事前に洗剤である程度は落として下さっていましたが、専用のクリーナーを用いてインクを完全に除去します。しかし、表皮のシボが溶剤系クリーナーなので擦っているうちに無くなってしまいます。なので塗装の際にシボを再現しながら仕上げます。


仕上がりは以下の通りです。

作業後
作業後

周りと馴染んで同じシボが出来ました。色合い、触感、ツヤも違和感ありません。


「おー! どこやってもらったん?」


「全く分からへんな!」




あとはお客様に満足していただければ 、 と思います。シートが全体的に汚れていましたので、クリーニングをして気持ちよく乗って戴ければとサービスしておきました。


お役に立てて良かったです(^-^ゞ





★インテリアリペアとは…



「モケットシート」に出来てしまったたばこの焦げ穴を専用の充填剤を用いて補修します。「破れ」にも可能な限り目立たなくするように施工致します。


「革シート」の経年劣化に伴う擦れ・割れ・破れなどを専用の補修材と塗装の技術によって「なかったことに!」できます。


「ステアリング」の擦れを専用の補修材と塗装技術によって補修して、「新品のように」復元致します。


「シフトノブ」の損傷・塗装剥がれなどを塗装技術によって補修して、「元通りに」復元します。


「内張り」につけてしまったキズ・破れを専用の充填材と塗装技術によって「元通りに」修復できます。


「ダッシュボード」のパーツを取り外す際に出来た傷、剥がれや経年劣化によって生じたひび割れなどを、専用の充填材と塗装の技術によって分かりにくくします。



交換ではないので取り寄せのための納期がなく、その場で速く・安く直すことができ、廃棄物も出ません。一般的な補修の場合は新品交換の1/3〜1/5の費用で施工できます。


最終の塗装に溶剤を使用しないので、施工する人はもちろんお客様も安心して施工後すぐにお乗りいただけます。