スバル フォレスター センターパネルのリペア

今日はスバルフォレスターのセンターパネルのリペアです。


けっこう外車にはこういう症状が多く、施工することがあるのですが、スバル車の内装にも同じような塗料が用いられているようで、時折問い合わせがありましたが、今回はスバル車では初めて施工です。

それにしてもベタつき具合が酷すぎます(笑)ゴム触ってるみたいです。マット感出すために使ってる塗料なんでしょうけど…熱に弱くベタベタになるのはいけません。これはリペアというより再塗装です。


ドリンクホルダーのマークは時間と予算の都合で再現しないことを了承の上、施工させていただきました。

古い塗装を特殊な溶剤でゴッソリ落として塗装して仕上げました。


これで剥離したりべたついたりすることはありません。


これならユーザー様も満足して乗っていただけるに違いありません。


クルマを乗るにあたって外装をピカピカにされる方は多いですが、内装の不具合は意外と放置…な方もけっこうおられます。しかし、インテリアリペアでここまで元通りに復元できます。


車は外から眺めるものではなく、走らせるもの。ほとんど車内に居るわけですから、室内はキレイにして気持ちよくドライブしましょう(^o^)