レクサスRX450h 革シート 焦げ穴リペア

さて、昨日の続きです(^o^)


レクサスRX450hの革シートの焦げ穴を埋めました。


高級感ある先進のインテリアです。

汚れの沈着が酷いので、シート全体をクリーニングします。これをきっちりやっておかないと、調色も上手くいきませんし、塗装を確実に密着させられなくなります。

明るい色の革シートはどうしても汚れが目立ちますね。寄りで見てみると…


こんな感じ。

中のスポンジまでは溶けてないので、裏打ちしてパテ埋めします。小さな穴だったので早く出来るかと思いましたが、パンチングの加工がなかなかクセモノでした…

寄りで撮るのを忘れてた…自慢して見せられる仕上がりでもないからいいか(笑)


遠目に見たらわからなくなりました。


リューターのビットがもっと細いのを探さなければ…  これ以上に細いのあるんかなぁ…?